食育について

キッズアプローチ
食べることからも発達を促します(脳を育てる~育脳~)

キッズアプローチでは、食育をとても重視しています。
生きていくための食ではなく、健康、環境に良い食、食を通してマナーを身につけていきます。
味覚の土台は、脳ができる3歳までが重要。
脳の中にある海馬では、記憶を司り食べ物の情報も集められます。この海馬がある部分の脳は3歳までに完成します。
離乳食が始まり生後6ヵ月くらいから、2歳くらいまでは、どんな味でも受け入れて食べてくれる時期なので、味覚の発達を促すとても大切な時期になります。
この期間に、どれだけ五味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)を感じ、いろいろな食材やいろいろな味を経験するかにより、幅広い味が脳に記憶され、味の違いや複雑な味が理解できる味覚に育っていきます。

 

薄味で味覚を敏感に育てる食事。

日本の伝統的な味のだし。
だしの基本の味は、かつお節と昆布。この2つを掛け合わせると7倍もの相乗効果にもなります。
離乳食から、この出汁の旨味をわかっていれば、大人になっても濃いものに頼らない味覚になります。

食事をすることで、体の発達、心の発達、機能の発達を促します。

→必要な栄養素をバランスよく補給して、発育を支えながら生命を維持
→五感を使って、みんなで食事を楽しむことで、心の発達にもつながる。
機能 →手で掴んだり、スプーンなどの道具を使ったりすることで手指の発達が促され、噛むことにより咀嚼力も育む。

キッズアプローチのこだわり~脳を育てる食事~

  • 塩、醤油、味噌などの調味料は、本物を。
  • 野菜は、無農薬、低農薬を使用。(それ以外の物は、農薬を除去してから使用)
  • 小麦、砂糖など、精製されたものは、使用しません。
  • お米は、雑穀米や分つき玄米。子供たちの様子をみながら対応致します。
  • 出汁をベースにした薄味で、和食中心。
  • 月齢別、お子様の成長に合わせた調理法
  • 旬の食材を使い、免疫力を高める献立
  • 発酵食品をふんだんに使い、腸内環境を整えます。
  • マクロビ、薬膳など、子供たちの体調にあった料理で、健康的な体を育てます。
  • 牛乳、ジュースは、一切与えません。
  • 電子レンジは使いません。